神様は少々私に手厳しい 4 守野 伊音/戸部 淑

神様は少々私に手厳しい 4

ジャンル
ライトノベル
配信日
2019年07月05日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神様は少々私に手厳しい 4のあらすじ

まさか処刑台へ! ? カズキに最大の危機が! 反乱軍の襲撃! ? 記憶喪失! ? 神様はなぜここまで手厳しいのか――! ? 反乱軍を迎え討つため、かつての敵砦ウルタで過ごすカズキは、 自分にできる手伝いを行いながら過ごしていた。 双子の弟であるユアンからは相変わらず嫌われていたけれど、 兄のユリンから、ユアンの女嫌いの理由と二人の過去を聞く。 自分達を売った母親を自分はもう捨てたが、 ユアンはずっと母親から受けた傷を抱え続けている―――。 そんなユアンの傷を癒してほしいと願うユリンに、 カズキは自分にできることは必ずすると約束するのだった。 一方、ウルタ砦の前に姿を現した反乱軍が用意していた兵器を見て、 カズキは悲鳴を上げる。 ガリザザは爆弾だけではなく、大砲までをも開発していたのだ。 カズキは、ガリザザに爆弾と大砲を教えた同郷のムラカミイツキが 一体いつからこの世界にいたのかと衝撃を受けてしまう。 守野 伊音(もりのいおん):四国地方在住。 著書に『狼領主のお嬢様』、『白銀王の日帰り王妃』など。 戸部 淑(とべすなほ):イラストレーター。 『人類は衰退しました』、『ポーション、わが身を助ける』(ヒーロー文庫)などのライトノベルの挿絵、書籍の挿絵、 ゲームのキャラクターデザイン、キャラクターイラストなど、多方面で活躍。

691円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

神様は少々私に手厳しい 4のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP