神様は少々私に手厳しい 5 守野 伊音/戸部 淑

神様は少々私に手厳しい 5

ジャンル
ライトノベル
配信日
2019年07月05日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神様は少々私に手厳しい 5のあらすじ

ルーナの失われた記憶は戻るのか? もう一人の異世界人の存在!? この世界に持ち込まれた「爆弾」のすべての元凶とは――。 ルーナとアリス、そしてユアンとともにガリザザへ出発したカズキ。 ルーナの記憶は戻らず、ユアンも子供に返ったままだったが、 船上ではそれなりに平穏に日々を過ごしていた。 しかし突然の嵐によって船は難破。 次に目を覚ましたときには、何故かガリザザの兵士とともに囚われていた。 ガリザザの皇子ディナストは、罠に人間を嵌めて 上から見学する遊戯にハマっているとのこと。 とんでもなく悪趣味な自体に巻き込まれたカズキ達だったが アリスとルーナの持ち前の運動神経により、一同は何とか試練をクリアしていく。 しかし、同じ闘技場に囚われ、仲間だと思っていたはずの男たちに 突如として剣を突きつけられてしまい――。 守野 伊音(もりのいおん):四国地方在住。 著書に『狼領主のお嬢様』、『白銀王の日帰り王妃』など。 戸部 淑(とべすなほ):イラストレーター。 『人類は衰退しました』、『ポーション、わが身を助ける』(ヒーロー文庫)などのライトノベルの挿絵、書籍の挿絵、 ゲームのキャラクターデザイン、キャラクターイラストなど、多方面で活躍。

702円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

神様は少々私に手厳しい 5のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP