十返舎一九 あすなろ道中事件帖 : 3 新月の夜 木村 忠啓

十返舎一九 あすなろ道中事件帖 : 3 新月の夜

著者
木村 忠啓
出版社
双葉社
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2020年02月14日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

十返舎一九 あすなろ道中事件帖 : 3 新月の夜のあらすじ

重田貞一(のちの十返舎一九)と岡っ引の岩徳は、辻斬りを目撃する。斬られたのは神田で評判の蕎麦屋《しなの屋》の主人・伝兵衛であった。斬った者はおどろおどろしい狐面を被っており、事件の怪奇性から、この件は江戸っ子の間で大評判となる。伝兵衛に金を借りていた源太夫や、源太夫と逢い引きしていたと噂される伝兵衛の妻などに疑いがかかるが――。人を殺すほどの事件に複数接し、戯作者として立つための「人の心の機微がわかる」素養を身にまとうことができるのか。好評シリーズ最終巻!

561円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

十返舎一九 あすなろ道中事件帖 : 3 新月の夜のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP