ぼくたちが選べなかったことを、選びなおすために。 幡野広志

ぼくたちが選べなかったことを、選びなおすために。

著者
幡野広志
出版社
ポプラ社
ジャンル
文芸 エッセイ・随筆 ノンフィクション
配信日
2019年06月07日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぼくたちが選べなかったことを、選びなおすために。のあらすじ

「34歳のときに治らないがんの告知を受けた。後悔はない。それは、すべてを自分で選んできたからだ。」 家族、友人、仕事、お金、自分の居たい場所、そして生と死。命を見つめ続けてきた写真家が、大切にしてきた「選ぶ」ということ。 生きにくさを超えるために、自ら「選ぶ」ことの意味を、強くやさしいことばで綴る。「生きにくさを感じている人に、生きやすさを感じてもらえることを願って――。」

1,650円 16ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

ぼくたちが選べなかったことを、選びなおすために。のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

ぼくたちが選べなかったことを、選びなおすために。を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP