ゲーデルの哲学 不完全性定理と神の存在論 著:高橋昌一郎

ゲーデルの哲学 不完全性定理と神の存在論

ジャンル
人文・社会科学 人文・社会科学 その他
配信日
2020年07月10日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲーデルの哲学 不完全性定理と神の存在論のあらすじ

不完性定理を証明した天才の全体像とは。人間の理性に限界があることを示したゲーデルは、後年、神の存在を論理的に証明してみせた。孤高の人が到達した哲学的境地とはどのようなものか、初めて明かす。(講談社現代新書)

770円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

ゲーデルの哲学 不完全性定理と神の存在論のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP