宗教VS.国家 フランス<政教分離>と市民の誕生 工藤 庸子

宗教VS.国家 フランス<政教分離>と市民の誕生

ジャンル
ノンフィクション
配信日
2019年08月09日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宗教VS.国家 フランス<政教分離>と市民の誕生のあらすじ

共和国はなぜ十字架を排除したのか? 権力をめぐって対峙するカトリック教会と<共和派>の狭間で、一般市民は、聖職者は、女性たちは何を考え、どう行動したか。『レ・ミゼラブル』などの小説や歴史学文献を読み解きながら、市民社会の成熟してゆくさまを目に見える風景として描き出す。

702円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

宗教VS.国家 フランス<政教分離>と市民の誕生のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP