江戸時代の設計者 異能の武将・藤堂高虎 藤田達生

江戸時代の設計者 異能の武将・藤堂高虎

ジャンル
人文・社会科学 人文・社会科学 その他
配信日
2020年08月28日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸時代の設計者 異能の武将・藤堂高虎のあらすじ

伊予藩主・藤堂高虎は外様大名としては異例の信頼を幕府から得た。それは彼が日本で初めて「藩」を構想しえた政治家だったからだ。司馬遼太郎に「世渡り上手」と酷評された藤堂は、身長190cmの偉丈夫にして、きめ細かな築城術にたけたテクノクラートだった。しかし、彼がもっとも評価されるべきは、豊臣時代の中央集権に限界を見出し、地方分権国家を構想して近世の扉を開いたことにある。近世の成立を新史観で明かす。

770円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

江戸時代の設計者 異能の武将・藤堂高虎のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

江戸時代の設計者 異能の武将・藤堂高虎の最新書籍ニュース

2019年07月02日 更新

PAGE
TOP