宮尾登美子 電子全集18『花のきもの/きものがたり/小さな花にも蝶/大人の味』 宮尾登美子

宮尾登美子 電子全集18『花のきもの/きものがたり/小さな花にも蝶/大人の味』

著者
宮尾登美子
出版社
小学館
ジャンル
文芸 エッセイ・随筆 文芸 その他
配信日
2019年06月07日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宮尾登美子 電子全集18『花のきもの/きものがたり/小さな花にも蝶/大人の味』のあらすじ

着物に纏わる随筆2篇と、縁ある人々との対談集2篇を収録。宮尾原作舞台の主演女優・浜木綿子がエピソードを語る! “宮尾登美子といえば着物”の印象は定着し、その着物姿の優美で凛とした佇まいは多くの人々を魅了した。『花のきもの』『きものがたり』は、宮尾の着物に寄せる愛着と思い出を綴った随筆である。前者は回顧録的な作品で、菊や椿、梅など花模様の着物を取り上げ、その着物に纏わる女性たちの思い出を描いている。後者では、宮尾自身の箪笥にある着物100点以上をオールカラーで一挙公開。羽織や雨ゴート、手作りの帯なども紹介され、着物を巡るエピソードが展開される。 『小さな花にも蝶』は、作家の吉行淳之介、水上勉、加賀乙彦、映画『櫂』他の監督・五社英雄、出演者の緒形拳など、10人の男性との対談集だ。男と女、文学、芸事、旅といった多岐に亘るテーマについて語り合い、宮尾の創作の源泉や日々の生活も伺える。美味しいものに目がなく、故郷・土佐の料理をこよなく愛した宮尾は、台所に立つ主婦でもあった。『大人の味』では、そんな宮尾と茶懐石『辻留』の二代目・辻嘉一が料理談義を繰り広げる。 付録は舞台『寒椿』『陽暉楼』で主演を務め、着物をこよなく愛する女優・浜木綿子が、宮尾の思い出と着物の魅力について語る。小特集では、土佐のもてなし料理、皿鉢料理を紹介する。 ※この作品にはカラー写真が含まれます。

1,540円 15ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

宮尾登美子 電子全集18『花のきもの/きものがたり/小さな花にも蝶/大人の味』のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

宮尾登美子 電子全集18『花のきもの/きものがたり/小さな花にも蝶/大人の味』を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

宮尾登美子 電子全集18『花のきもの/きものがたり/小さな花にも蝶/大人の味』の最新書籍ニュース

2020年08月14日 更新

PAGE
TOP