警視庁特殺 使徒の刻印 著者:吉田 恭教

警視庁特殺 使徒の刻印

著者
著者:吉田 恭教
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文芸 ミステリ
配信日
2020年07月24日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

警視庁特殺 使徒の刻印のあらすじ

警視庁「特殺」。猟奇殺人等、通常とは一線を画す「特殊殺人」が集まる、 捜査一課来生班の略称だ。 中でも佐倉智孝は、強引な捜査手法で物議を醸す若手刑事。 元同僚で犯罪ジャーナリストの有働佳祐は、危うげな彼が心配で仕方ない。 ある日、手首を鎖で繋がれた焼死体が発見される。 続く被害者の背中には、「使徒」を意味する焼印が押されていて……。 孤高の刑事と犯罪ジャーナリストが難事件に挑む、 警察小説と本格ミステリのハイブリッド!

748円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

警視庁特殺 使徒の刻印のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

警視庁特殺 使徒の刻印の最新書籍ニュース

2020年08月13日 更新

PAGE
TOP