新火盗改鬼与力 御用聞き殺し 著者:鳥羽 亮

新火盗改鬼与力 御用聞き殺し

著者
著者:鳥羽 亮
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文芸 小説
配信日
2019年10月18日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新火盗改鬼与力 御用聞き殺しのあらすじ

浅草駒形町の大川端で、岡っ引きの安造が斬殺された。安造は、浅草を縄張りにする「鬼の甚蔵」と呼ばれる男の賭場を探っていたのだ。死体は、横に深く斬られており、手練れの武士の仕業と思われた。安造殺しの探索を命じられた火付盗賊改の与力・雲井竜之介は、手下たちとともに聞き込みを始める。だが、賭場らしき場所を突き止めた矢先、必殺剣「霞薙ぎ」の遣い手が、竜之介の前に立ちはだかった。鬼与力に最大の危機が迫る!

748円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

新火盗改鬼与力 御用聞き殺しのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP