新名将言行録 戦国時代(二) 榊山潤

新名将言行録 戦国時代(二)

著者
榊山潤
出版社
講談社(文芸)
ジャンル
文芸 小説
配信日
2020年02月07日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新名将言行録 戦国時代(二)のあらすじ

室町幕府を崩壊させた下剋上の激浪も、各地の群雄が次第に淘汰されるに及んで、ようやく鎮静の兆しをみせる。戦国の地鳴りは、徳川幕府という大政権を産み出すための、不可避の陣痛だったのかもしれない。本巻には、千利休、大友宗麟、長宗我部元親、徳川家康、石田三成、細川ガラシャ、淀君、天草時貞を収録。荒れに荒れる下剋上の嵐の時代に、波瀾万丈の生涯を生き、したたかに乗り切ろうとする群像の、激しく真摯な姿。

715円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

新名将言行録 戦国時代(二)のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

新名将言行録 戦国時代(二)の最新書籍ニュース

2020年02月27日 更新

PAGE
TOP