直観の経営 「共感の哲学」で読み解く動態経営論 著者:野中 郁次郎/著者:山口 一郎

直観の経営 「共感の哲学」で読み解く動態経営論

ジャンル
ビジネス・経済 経済
配信日
2020年09月25日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

直観の経営 「共感の哲学」で読み解く動態経営論のあらすじ

「まさに経営学で起こっているのは『フッサールの危機の再現』であるように思えてなりません。 だからこそ、経営学自体をいったん現象学がいうところの『カッコに入れる』必要がある。(野中氏) なぜいま、経営学と現象学なのか? リベラルアーツの大切さが語られるいま、現代の経営に求められる「直観」の本質を明らかにする。

1,980円 19ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

直観の経営 「共感の哲学」で読み解く動態経営論のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP