「本当の友達がいなくてさびしい」と思ったとき読む本 著者:大嶋 信頼

「本当の友達がいなくてさびしい」と思ったとき読む本

著者
著者:大嶋 信頼
出版社
KADOKAWA
ジャンル
趣味・実用 趣味・実用一般
配信日
2019年08月23日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「本当の友達がいなくてさびしい」と思ったとき読む本のあらすじ

みんなは友達と仲良くやっているな、と感心することがあります。 LINEとかでマメに連絡を取りあって、SNSでは友達が書いた記事に「いいね!」を押したりコメントをフォローしたりしている。 飲み会を開いたり、友達の家族を誘ってバーベキューパーティーをして楽しんだりしている。「いいなー! あんなふうに友達と楽しく集まって遊べたら」「自分も友達を作って楽しくワイワイやりたいな」と思うけど「あれ? 友達がいない」という現実が。   他のみんなは、気軽にメールでやり取りをしていてどんどん友達が広がっていったり、関係が深まったりするのに「自分だけ友達ができない」と孤独になってしまう。 「自分の何がおかしいのかな?」と孤独になると考えてしまう。 自分に魅力がないから友達ができないの? それとも緊張が高いからみんなが自分から離れてしまい友達ができないの? 人一倍相手に気を使って、相手の気持ちや立場を考えているのに。 そして誰よりも優しいし、たくさんの人に親切にしているのになぜ友達ができない? というのが不思議になる。 カウンセリングでは、この友達関係の悩みってものすごく多くて「自分には友達がいない」とたくさんの人が悩みながら孤独から抜け出す努力をしています。 友達関係をどうやって大切に育んでいったらいいかなどの方法をこの本では紹介していきます。 友達をたくさん作ってみて、最終的に「やっぱり友達は自分にとってそんなに必要じゃなかったかも!」となって 「あれ? あの孤独って本当に幻想だったんだ!」とこれまで抱えていた孤独から解放される。 そして孤独から解放された時に、本当の友達が見えてきて、その友達に支えられて自分の人生を自由に生きられるようになります。(「はじめに」より一部抜粋)

1,512円 15ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

「本当の友達がいなくてさびしい」と思ったとき読む本のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

「本当の友達がいなくてさびしい」と思ったとき読む本を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP