外国人が見た日本 「誤解」と「再発見」の観光150年史 内田宗治 著

外国人が見た日本 「誤解」と「再発見」の観光150年史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外国人が見た日本 「誤解」と「再発見」の観光150年史のあらすじ

外国人は何を見たいのか。日本人は何を見せたいのか。明治初期、欧米の案内書では、「古き良き」文明の象徴として箱根の夜道が激賞される一方、日本側のガイドには、近代的な工場や官庁が掲載される。外国人による見どころランキングの変遷や、日本人による観光客誘致をめぐる賛否両様の議論を紹介し、日本の魅力はいったいどこにあるのか、誰がどう発見し、アピールするのかを追う。めまぐるしく変転する観光の近現代史。

968円 9ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

外国人が見た日本 「誤解」と「再発見」の観光150年史のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

外国人が見た日本 「誤解」と「再発見」の観光150年史を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

外国人が見た日本 「誤解」と「再発見」の観光150年史の最新書籍ニュース

現在ニュースの取得に時間がかかっております。しばらくしてから再度表示をご確認下さい

PAGE
TOP