死をみつめて生きる 日本人の自然観と死生観【期間限定価格(KADOKAWA秋の文芸書・ビジネス書フェア)】 著者:上田 正昭

死をみつめて生きる 日本人の自然観と死生観【期間限定価格(KADOKAWA秋の文芸書・ビジネス書フェア)】

著者
著者:上田 正昭
出版社
KADOKAWA
ジャンル
人文・社会科学 人文・社会科学 その他
配信日
2020年09月04日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

死をみつめて生きる 日本人の自然観と死生観【期間限定価格(KADOKAWA秋の文芸書・ビジネス書フェア)】のあらすじ

鎮守の森を人々の寄り合いの場として、神社の合祀に激しく反対した南方熊楠、仏教以前からあった日本人の信仰を解き明かす折口信夫など先人の説を踏まえ、かつて普通の日本人にあった考え方をみつめなおす。

704円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

死をみつめて生きる 日本人の自然観と死生観【期間限定価格(KADOKAWA秋の文芸書・ビジネス書フェア)】のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP