忘却の軍神と装甲戦姫 II 鏡銀鉢/chocomori

忘却の軍神と装甲戦姫 II

著者
鏡銀鉢/chocomori
出版社
KADOKAWA
ジャンル
ライトノベル
配信日
2020年11月20日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

忘却の軍神と装甲戦姫 IIのあらすじ

「地球唯一の男」――男が死滅し女しかいなくなってしまった、今から千年後の世界。コールドスリープから目覚め、第十次世界大戦中の日本の軍事学校・日本防衛学園へと通うことになったアサトは、軍事国家アルタニアの奇襲を退け、学園の英雄として称えられる。しかし賞賛の声も束の間、今度はとある国家群から日本政府へ「男を処刑しろ」と要請が下る。その国家群によると男は存在してはいけない、神の意志に背く存在らしい。アサトは嫌疑を晴らすため、マイカらと共にその国家群に乗り込むのだが、この要請の裏には巨悪が潜んでいて……? 男が男であるため、意志を賭けた戦いの火蓋が切って落とされる――!! 絶頂を喚び醒ますエンターテイメント第二劇!

638円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応 × 非対応

忘却の軍神と装甲戦姫 IIのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP