風水探偵 桜子 風水京都・竹の殺人 姉小路祐

風水探偵 桜子 風水京都・竹の殺人

著者
姉小路祐
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文芸 小説 ミステリ
配信日
2020年10月23日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風水探偵 桜子 風水京都・竹の殺人のあらすじ

庭師・松原桜子は、京都・洛西にある、桂家の私園「洛西桂園」の改修を頼まれた。桂家は17代続く華道の家元・桂山流を継承する一族だが、前宗主に実子がいなかったため多くの養子を迎え、複雑な家族関係のもとに成り立っていた。桂家の一人、桂政之が「ダイソウシュのたたりだ――」という叫び声を上げながら、血文字で“たたり”と書き残し、渓谷に落ちて死亡した。桜子は、桂家の世襲争いの裏で起こる事件に巻き込まれるが……。本格・風水ミステリー。

550円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

風水探偵 桜子 風水京都・竹の殺人のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP