血蝙蝠 著者:横溝 正史

血蝙蝠

著者
著者:横溝 正史
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文芸 小説
配信日
2019年10月18日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

血蝙蝠のあらすじ

荒れ果てた屋敷へ踏み込んだ通代の胸は、怪しく騒ぎ出した。一刻も早く用を済まそうと黴臭い茶室へ駆け込んだ彼女は、砂壁を見て悲鳴を上げた。そこには、まだ生乾きの血で描いた蝙蝠の絵が! 幽霊屋敷での肝試しの会で、最初の探検者に選ばれた甲野通代は、目的の場所で若い女の変死体に出くわして気を失った。それ以後、不気味な男につけ狙われていたが、ついにある日、密室状態の自室で何者かに刺され、重傷を負った……。横溝正史唯一のSF「二千六百万年後」を併録した傑作集! カバーイラスト/杉本一文

330円 3ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

血蝙蝠のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP