東田くん、どう思う? 自閉症者と精神科医の往復書簡【期間限定価格(KADOKAWA秋の文芸書・ビジネス書フェア)】 著者:東田 直樹/著者:山登 敬之

東田くん、どう思う? 自閉症者と精神科医の往復書簡【期間限定価格(KADOKAWA秋の文芸書・ビジネス書フェア)】

ジャンル
文芸 エッセイ・随筆
配信日
2020年09月04日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東田くん、どう思う? 自閉症者と精神科医の往復書簡【期間限定価格(KADOKAWA秋の文芸書・ビジネス書フェア)】のあらすじ

自閉症の当事者である〈東田くん〉と、精神科医である〈山登先生〉が約二年半にわたり交わした往復書簡。発達障害や支援についての話題から、記憶や生き方、嘘や愛についてなどの哲学的なテーマまで――時に飛び出る東田くんの革新的な意見に、山登先生も「こりゃ驚いた!」。診察室ではできない率直でスリリングな掛け合いから生まれる発見の数々。生きづらさを抱える全ての人へ伝えたい。『社会の中で居場所をつくる』を改題。

352円 3ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

東田くん、どう思う? 自閉症者と精神科医の往復書簡【期間限定価格(KADOKAWA秋の文芸書・ビジネス書フェア)】のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP