万葉集と日本人 読み継がれる千二百年の歴史 著者:小川 靖彦

万葉集と日本人 読み継がれる千二百年の歴史

著者
著者:小川 靖彦
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文芸 エッセイ・随筆 文芸 その他
配信日
2020年09月25日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

万葉集と日本人 読み継がれる千二百年の歴史のあらすじ

八世紀末の成立から千二百年。紫式部、藤原定家、佐佐木信綱らが読んだそれぞれの時代の万葉集は、どのようなものだったのか。その読み方に現われる日本人のこころの歴史をたどり、万葉集の魅力に迫る。

1,408円 14ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

万葉集と日本人 読み継がれる千二百年の歴史のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP