パラケルススの娘 10 永遠に女性的なるもの 五代ゆう/岸田メル

パラケルススの娘 10 永遠に女性的なるもの

ジャンル
ライトノベル
配信日
2019年08月09日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パラケルススの娘 10 永遠に女性的なるもののあらすじ

<魔術師シモン>に最後の反撃をしたクリスティーナ。それは彼女自身の死を意味していた。遼太郎はクリスティーナを救おうとするが、なすすべもなく、次に目覚めたときには〈非在境〉にいた。クリスティーナはかろうじて生きていたが、同時にシモンがまだ存在していることを知り、遼太郎は傷ついた身体に鞭うって、最後の戦いへと旅立つ。「本当に世界は救うべきものなのか」――根源的な問いに対し、美弥子、和音、ジンジャー、アレックス、シヴィル、リース警部、霧月、サー・マクスウェル――さまざまな人々の助けと祈りを胸に、遼太郎の出した「答え」とは……!? 壮大なるマジェスティックファンタジー、キャラクター総出演で贈る感動の最終巻!

626円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応 × 非対応

パラケルススの娘 10 永遠に女性的なるもののユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP