千利休の「わび」とはなにか【期間限定価格(KADOKAWA秋の文芸書・ビジネス書フェア)】 著者:神津 朝夫

千利休の「わび」とはなにか【期間限定価格(KADOKAWA秋の文芸書・ビジネス書フェア)】

著者
著者:神津 朝夫
出版社
KADOKAWA
ジャンル
人文・社会科学 人文・社会科学 その他
配信日
2020年09月04日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

千利休の「わび」とはなにか【期間限定価格(KADOKAWA秋の文芸書・ビジネス書フェア)】のあらすじ

利休の師は辻玄哉であり、通説で師とされる武野紹鴎はわび茶を行っていなかった。『南方録』起源の虚構を排し、利休自らによるわび茶大成の新事実を提唱。茶の湯文化史を大きく塗り替えた衝撃の書の文庫化。

368円 3ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

千利休の「わび」とはなにか【期間限定価格(KADOKAWA秋の文芸書・ビジネス書フェア)】のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP