昭和二十年夏、僕は兵士だった 著者:梯 久美子

昭和二十年夏、僕は兵士だった

著者
著者:梯 久美子
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文芸 文芸 その他
配信日
2019年10月18日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昭和二十年夏、僕は兵士だったのあらすじ

俳人・金子兜太、考古学者・大塚初重、俳優・三國連太郎、漫画家・水木しげる、建築家・池田武邦。戦場で青春を送り、あの戦争を生き抜いてきた5人の著名人の苦悩と慟哭の記憶。巻末に児玉清氏との対談を収録。

649円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

昭和二十年夏、僕は兵士だったのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP