九十九怪談 第七夜【期間限定価格(真夏の妖怪&ホラーフェア)】 著者:木原 浩勝

九十九怪談 第七夜【期間限定価格(真夏の妖怪&ホラーフェア)】

著者
著者:木原 浩勝
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文芸 小説
配信日
2019年08月08日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

九十九怪談 第七夜【期間限定価格(真夏の妖怪&ホラーフェア)】のあらすじ

とある駐屯地で起きた怪異の数々。弾薬庫の人影、ベッドに正座する着物姿の女、兵舎の奥から聞こえる子供の足音、夜中に響く銃声……。隊員も震えあがった恐怖体験(「自衛隊駐屯地」)。化粧品会社の工場にある無菌室で夜勤中、足元でカサカサと音が……(「無菌室」)。病院の霊安室、閉店後のデパートの売場フロア。誰もいない場所で〈何か〉にセンサーが反応し赤ランプが点る(「発報」)。日本全国で起きた恐るべき怪異の数々。選りすぐりの本当にあった怖い話99本。

483円 4ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

九十九怪談 第七夜【期間限定価格(真夏の妖怪&ホラーフェア)】のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP