巡検使カルナー レクメテ編II 砂漠神の苦難 〈風の大陸・銀の時代〉 著者:竹河 聖/イラスト:山田 章博

巡検使カルナー レクメテ編II 砂漠神の苦難 〈風の大陸・銀の時代〉

ジャンル
文芸 小説
配信日
2021年10月22日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

巡検使カルナー レクメテ編II 砂漠神の苦難 〈風の大陸・銀の時代〉のあらすじ

隠された香の原木をめぐり、争いを続ける組合と改革派貴族。睨み合いが続くなか意外な事実が明らかになる。この対立を画策したのは実は組合側の委員モトリゾ・グルージだったのだ。争いに乗じて香を独占し、キルステナンをも手中に収めようとしていたのだが、その目論見もカルナーによって阻止されてしまう。窮地に陥ったグルージは、パウイを攫い大湿地帯(ティオライ)へと逃亡。パウイ奪還のため、カルナーもまた未開の地、ティオライに赴くことを決意したのだった。砂漠神(レクメテ)シリーズ、緊迫の第2弾!

594円

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

巡検使カルナー レクメテ編II 砂漠神の苦難 〈風の大陸・銀の時代〉のユーザーレビュー

PAGE
TOP