修羅海道 清水次郎長伝(下) 著者:津本 陽

修羅海道 清水次郎長伝(下)

著者
著者:津本 陽
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2019年10月18日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

修羅海道 清水次郎長伝(下)のあらすじ

子分石松の死とその仇討ち、黒駒の勝蔵との確執、そして荒神山の血闘――。波瀾の日々を送るうちに、次郎長は、東海道に隠れもない大親分と謳われるようになった。やがて王政復古、御一新の波は次郎長の身にもおよび、彼は山岡鉄舟と肝胆相照らす仲となる。動乱の時代に生まれ、怒涛のような一生を送った男を描く侠客伝の傑作。

528円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

修羅海道 清水次郎長伝(下)のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP