仏教の思想 上巻 著者:梅原 猛

仏教の思想 上巻

著者
著者:梅原 猛
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文芸 エッセイ・随筆
配信日
2021年10月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仏教の思想 上巻のあらすじ

仏教というものは、「生死の意味を明らめようとする」さまざまの試みから生まれた一つの大きな思想の流れといってよいかもしれない。現代文明は死を忘れた文明であるという。近代ヨーロッパ哲学のように、人間を不死なる自我、あるいは、不死なる理性としてとらえる見方は、けっして正しい人間のとらえ方ではないと思う。死の問題から人間をとらえなおすことが必要である。われわれが、釈迦ばかりか、仏教思想に、今後の人類を導く思想創造の可能性を見いだすのは、死に対する洞察の深さゆえである。(本文より)

594円

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

仏教の思想 上巻のユーザーレビュー

PAGE
TOP