石燕夜行2 輪入道の巻 著者:神護 かずみ

石燕夜行2 輪入道の巻

ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2019年10月18日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

石燕夜行2 輪入道の巻のあらすじ

江戸に作られた富士塚から夜ごと奇妙なうめき声が聞こえる。その噂と同じ頃、吉原と尼寺で大火が起きる。現場では、火を噴く巨大な車輪の怪が目撃されていた。そこは以前、石燕が解決した怪事件と因縁の深い場所で……。異能の若き絵師が、妖怪たちと怪異の謎と想いを解く。痛快で時に切ない伝奇活劇。

616円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

石燕夜行2 輪入道の巻のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP