「命の値段」はいくらなのか? ”国民皆保険”崩壊で変わる医療 著者:真野俊樹

「命の値段」はいくらなのか? ”国民皆保険”崩壊で変わる医療

著者
著者:真野俊樹
出版社
KADOKAWA
ジャンル
資格・検定
配信日
2021年02月26日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「命の値段」はいくらなのか? ”国民皆保険”崩壊で変わる医療のあらすじ

高齢者の増加と高額医療の出現によって”医療の過剰消費”が行われている日本。”国民皆保険”崩壊の可能性が近づく中で、医療はどのように変わるべきか? 病や老いとの付き合い方を考えるために必携の一冊。

858円 8ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

「命の値段」はいくらなのか? ”国民皆保険”崩壊で変わる医療のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP