ビブリア古書堂の事件手帖6 ~栞子さんと巡るさだめ~ 著者:三上 延

ビブリア古書堂の事件手帖6 ~栞子さんと巡るさだめ~

著者
著者:三上 延
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文芸 小説
配信日
2020年07月31日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビブリア古書堂の事件手帖6 ~栞子さんと巡るさだめ~のあらすじ

太宰治の『晩年』を奪うため、美しき女店主に危害を加えた青年。ビブリア古書堂の二人の前に、彼が再び現れる。今度は依頼者として。 違う『晩年』を捜しているという奇妙な依頼。署名ではないのに、太宰自筆と分かる珍しい書きこみがあるらしい。 本を追ううちに、二人は驚くべき事実に辿り着く。四十七年前にあった太宰の稀覯本を巡る盗難事件。それには二人の祖父母が関わっていたのだ。 過去と現在、まるで再現されるかのような奇妙な巡り合わせに、薄気味悪さを感じる二人。それは偶然か必然か? 深い謎の先にある真実とは?

627円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

ビブリア古書堂の事件手帖6 ~栞子さんと巡るさだめ~のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP