天国に涙はいらない(6) 狐の夜滅入り 著者:佐藤 ケイ/イラスト:さがの あおい

天国に涙はいらない(6) 狐の夜滅入り

ジャンル
ライトノベル
配信日
2020年02月21日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天国に涙はいらない(6) 狐の夜滅入りのあらすじ

占いのバイトを再開した賀茂の前に、突然葉子と名乗る少女が現われた。その正体は、賀茂の子狐時代の幼なじみの妖狐。 賀茂のことを心配してはるばる訪ねてきたという。が、それは単なる名目で、本当はつがいの相手を求めてきたらしい。 一方、恋敵(!?)の登場にあせる悪魔っ娘たま。幼なじみは最強の属性だ。対抗するには自らも幼なじみになるしかない!とアブデルの指導のもと大修行をする。 だが、巣別れして間もない葉子が焦ってつがいを求めてきた背後には、ある隠された事情があった……。 大好評シリーズ第6弾。幼なじみの思ひ出は、甘いか苦いか酸っぱいか!?

561円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応 × 非対応

天国に涙はいらない(6) 狐の夜滅入りのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP