頭のよさとは「ヤマを張る技術」のことである 著者:鬼頭 政人

頭のよさとは「ヤマを張る技術」のことである

著者
著者:鬼頭 政人
出版社
KADOKAWA
ジャンル
人文・社会科学 人文・社会科学 その他
配信日
2020年07月03日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頭のよさとは「ヤマを張る技術」のことであるのあらすじ

試験は出る場所=ヤマが決まっている。9割の人がこの「秘密」を知らず、余計な努力をしています。ヤマは勘ではなく「技術」で見つけられます。本書の方法論を実践すれば、試験の合格率は10倍アップします!

1,430円 14ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

頭のよさとは「ヤマを張る技術」のことであるのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

頭のよさとは「ヤマを張る技術」のことであるを見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP