華舞鬼町おばけ写真館 夜の語り部とふっくらカルメ焼き 著者:蒼月 海里/イラスト:六七質

華舞鬼町おばけ写真館 夜の語り部とふっくらカルメ焼き

ジャンル
文芸 小説
配信日
2020年06月26日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

華舞鬼町おばけ写真館 夜の語り部とふっくらカルメ焼きのあらすじ

「虚路は人から忘れられそうになったら、姿を現す」それは人に忘れられてしまったらその概念は消えてしまうからだ、と狭間堂から説明を受ける那由多。一方、浮世と華舞鬼町では拍子木の怪談と神隠しの事件が増えているという。「火の用心」のような声かけの後、聞こえる拍子木を打つ音。それを聞いた人が消えてしまうという話だ。しかし、那由多の姉・茜が行方不明になってしまう! 境界に閉じ込められたのか?那由多は狭間堂とともに、境界の中にある映画館を探す。そこで虚路の故意により祖父の形見だったカメラを壊してしまう!

572円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

華舞鬼町おばけ写真館 夜の語り部とふっくらカルメ焼きのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

華舞鬼町おばけ写真館 夜の語り部とふっくらカルメ焼きを見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP