死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発 著者:門田 隆将

死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発

著者
著者:門田 隆将
出版社
KADOKAWA
ジャンル
ノンフィクション
配信日
2020年06月26日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発のあらすじ

2011年3月、日本は「死の淵」に立った。福島県浜通りを襲った大津波は、福島第一原発の原子炉を暴走させた。日本が「三分割」されるという中で、使命感と郷土愛に貫かれて壮絶な闘いを展開した男たちがいた。

924円 9ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP