こうして誰もいなくなった 著者:有栖川 有栖

こうして誰もいなくなった

ジャンル
文芸 ミステリ
配信日
2020年07月24日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こうして誰もいなくなったのあらすじ

「判決は、全員死刑。命をもって罪を償ってもらいます」 伊勢湾に浮かぶ、通称「海賊島」に招かれた10名の男女。 仮想通貨で巨万の富を得た大富豪、「デンスケ」の招待によるミステリアスなバカンスは、予想外の断罪で幕を開けた。 死亡事故を起こしたモデル、ブラック企業の社長、その肩を持つ政治家、「悪の食物連鎖の頂点に立つ」弁護士……。 次々暴かれる招待客達の悪行、そして恐るべき殺人事件が……。 有栖川有栖があの名作「そして誰もいなくなった」を再解釈し、 大胆かつ驚きに満ちたミステリに仕上げた表題作をはじめ、 ラジオドラマ脚本として描かれ、小説としては世に出ていない掌編や、 自殺志願者の恐怖と悔恨を描く傑作ホラー「劇的な幕切れ」、 書店店長の名推理が痛快な日常ミステリ「本と謎の日々」など、 一作たりとも読み逃せない名作揃い。 有栖川有栖作家デビュー30周年記念を飾る、華麗なる傑作作品集!!

1,760円 17ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

こうして誰もいなくなったのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP