パリ、娼婦の街 シャン=ゼリゼ 著者:鹿島 茂

パリ、娼婦の街 シャン=ゼリゼ

著者
著者:鹿島 茂
出版社
KADOKAWA
ジャンル
人文・社会科学 日本史 人文・社会科学 その他
配信日
2020年09月25日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ、娼婦の街 シャン=ゼリゼのあらすじ

シャンゼリゼ、ブローニュの森、アパルトマン。資本主義の発達と共に娼婦たちが街を闊歩しはじめた。あらゆる階層の男と関わり、社会の縮図を織りなす私娼の世界。19世紀のパリを彩った欲望の文化に迫る。

803円 8ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

パリ、娼婦の街 シャン=ゼリゼのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP