小林一茶 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典 編者:大谷 弘至

小林一茶 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典

著者
編者:大谷 弘至
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文芸 文芸 その他
配信日
2020年09月25日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小林一茶 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典のあらすじ

身近なことを句に詠み、人生の辛さや切なさを作品へと昇華させていった一茶。古びることのない作品を、人生に沿ってたどりつつ、やさしく鑑賞する入門書。 【目次】 小林一茶の生涯 一、よく知られた一茶 二、修養時代 三、父の死 四、江戸での一茶(本所相生町時代) 五、江戸での一茶(『七番日記』の時代) 六、信濃での生活 七、『おらが春』の世界 八、晩年 解説 長谷川櫂 略年譜 参考文献 初句索引

836円 8ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応 × 非対応

小林一茶 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP