宗教と資本主義・国家 激動する世界と宗教 著者:池上 彰/著者:佐藤 優/著者:松岡 正剛/著者:碧海 寿広/著者:若松 英輔

宗教と資本主義・国家 激動する世界と宗教

ジャンル
人文・社会科学 人文・社会科学 その他
配信日
2020年06月26日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宗教と資本主義・国家 激動する世界と宗教のあらすじ

世界最大の問題に、知の巨人たちと俊英が挑む。 いま、私たちは渦の中にいる。 各国で起きるテロや、EUやアメリカ、日本でで生じる排外主義・外国人嫌悪(ゼノフォビア)、めまぐるしく変転する中東情勢など、 世界各地で民族・宗教といった、冷戦後には“古い”とされた問題が噴出している。 私たちの現実社会に影響を与えている「宗教」「思想」といかに向き合うかは、個々人が生き抜く上で避けては通れない時代になったのだ。 しかし、「宗教」を正面から扱うことを日本は避け続けている!  この状況を打破し、現代社会の様々な議論の根本を一望する、知の結晶!! 世界宗教の論理や各国の制度を探究し、 それぞれの「思想」の重要性を訴えている第一線の研究者・識者が、 「宗教と資本主義・国家」を巡り、意見を交わした。 第一線の識者・研究者が現在地を照らす!!

1,760円 17ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

宗教と資本主義・国家 激動する世界と宗教のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

宗教と資本主義・国家 激動する世界と宗教を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP