東アジア動乱 地政学が明かす日本の役割 著者:武貞 秀士

東アジア動乱 地政学が明かす日本の役割

著者
著者:武貞 秀士
出版社
KADOKAWA
ジャンル
社会・政治
配信日
2020年10月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東アジア動乱 地政学が明かす日本の役割のあらすじ

韓国、中国の執拗な日本外し、北朝鮮とロシアの接近、東南アジア諸国と中国の衝突――なぜ東アジアは混乱しているのか。地政学的観点から各国の外交戦略を分析し、その思惑を見抜く。日本が果たすべき役割も探る。

704円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

東アジア動乱 地政学が明かす日本の役割のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP