入り婿侍商い帖 出仕秘命(二) 著者:千野 隆司

入り婿侍商い帖 出仕秘命(二)

著者
著者:千野 隆司
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2019年10月18日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

入り婿侍商い帖 出仕秘命(二)のあらすじ

殺された兄に代わって実家を継ぎ、勘定奉行所勤めの武士となった角次郎。 兄の遺した証拠から真岡代官所にまつわる不正を暴き出した。 だが、探索の手が自分にまで伸びることを恐れた、上司で勘定奉行の大久保忠信の仕組んだ罠により、角次郎は蟄居を命じられてしまう。 さらに大久保の執拗な奸計は家族にまで及ぶ。 〈このままでは夫がお役御免となってしまう〉。 夫・角次郎の窮地を救うため妻のお万季は敵地――大久保の妻が主催する茶会――に乗り込むが……。

748円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

入り婿侍商い帖 出仕秘命(二)のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP