108年の幸せな孤独 キューバ最後の日本人移民、島津三一郎 著者:中野 健太

108年の幸せな孤独 キューバ最後の日本人移民、島津三一郎

著者
著者:中野 健太
出版社
KADOKAWA
ジャンル
ノンフィクション
配信日
2020年10月23日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

108年の幸せな孤独 キューバ最後の日本人移民、島津三一郎のあらすじ

キューバ革命、冷戦、国交回復……カリブの小島に住む108歳の日本人移民。新潟県生まれの島津三一郎氏はスイカを育てて暮らしたが、一度も日本に帰国しなかった。なぜか。静かな感動に包まれるノンフィクション。

1,870円 18ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

108年の幸せな孤独 キューバ最後の日本人移民、島津三一郎のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP