仏教の思想 下巻 著者:梅原 猛

仏教の思想 下巻

著者
著者:梅原 猛
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文芸 エッセイ・随筆
配信日
2021年10月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仏教の思想 下巻のあらすじ

仏教思想は、インドから中国へ来て日本へ渡ったが、しかしその伝達には、何百年、あるいは何千年という時間と、そこでそれに携わった多くの人の苦悩が必要だったのである。一人の人間の生の最も深いところから、その思想家のもつ思想にたいする情熱を見ていこう。こういう方法が、本書で一貫してとられている方法である。思想家がもつ、生の内面の最もひそやかなもの、そういうものを見いだしたとき、私の筆は生き生きするけれど、そういうものを見いだしえないとき、私の筆は生気を失っているのである。(序より)

594円

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

仏教の思想 下巻のユーザーレビュー

PAGE
TOP