忠臣蔵 (二) 大義の計画 著者:森村誠一

忠臣蔵 (二) 大義の計画

著者
著者:森村誠一
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2019年10月18日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

忠臣蔵 (二) 大義の計画のあらすじ

元禄十四年三月十四日、赤穂城主浅野内匠頭は、殿中松の廊下において吉良上野介に刃傷を仕掛けた。平和を重んじる綱吉は激怒し、内匠頭は即日切腹、城地も没収されたが、一方上野介はお咎めなしに。幕府定法としての「喧嘩両成敗」に背く一方的な裁決であった――。知らせを受けた赤穂城は揺れに揺れた。〈仇討ち〉か〈篭城〉か。昼行燈と呼ばれていた筆頭家老内蔵助が動きだした!!

616円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

忠臣蔵 (二) 大義の計画のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP