ぼくがぼくであること(角川つばさ文庫) 作:山中 恒/絵:庭

ぼくがぼくであること(角川つばさ文庫)

ジャンル
文芸 文芸 その他
配信日
2021年02月26日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぼくがぼくであること(角川つばさ文庫)のあらすじ

超口うるさい母親とチクリ魔の妹……秀一はすっかり人生がイヤになっていた。「こんな家出てってやる!」いきおいで近くのトラックの荷台に飛びのった秀一だったけれど、なんとそのトラックがひき逃げをおこして!?【小学上級から ★★★】

770円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

ぼくがぼくであること(角川つばさ文庫)のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

ぼくがぼくであること(角川つばさ文庫)の最新書籍ニュース

2021年03月01日 更新

PAGE
TOP