岡山女 岩井志麻子

岡山女

著者
岩井志麻子
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文芸 小説
配信日
2019年08月23日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岡山女のあらすじ

左目が疼く――。また、どこかで死霊が騒いどるんか。妾として囲われていた男に日本刀で切り付けられ、左目と美しい容貌を失ったタミエ。代償に手に入れたのは、暗い眼窩に映る禍々しい死者の影だった。やがて「岡山市内に霊感女性現る」と新聞でも取り上げられ、タミエの元に怪しい依頼客たちが訪れるようになった。隻眼の女霊媒師を主人公に、彼岸と此岸の間を体感する怪奇小説の白眉。

496円 4ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

岡山女のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

岡山女の最新書籍ニュース

2019年09月18日 更新

PAGE
TOP