ヒマラヤの風にのって 進行がん、余命3週間の作家が伝えたかったこと 著者:吉村達也

ヒマラヤの風にのって 進行がん、余命3週間の作家が伝えたかったこと

著者
著者:吉村達也
出版社
KADOKAWA
ジャンル
ノンフィクション
配信日
2019年10月25日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒマラヤの風にのって 進行がん、余命3週間の作家が伝えたかったことのあらすじ

吉村達也が最期の日の直前まで書き続けた「ヒマラヤノート」。そこには人生を閉じようとする者へ、そして愛すべき家族への力強いメッセージが記されていた。本書は、末期の進行がんと向き合った記録と、彼が伝えたかった思いが込められた1冊である。「人生の終わらせ方を決めておけば、死ぬことは怖くない!」

1,650円 16ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

ヒマラヤの風にのって 進行がん、余命3週間の作家が伝えたかったことのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

ヒマラヤの風にのって 進行がん、余命3週間の作家が伝えたかったことを見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP