86―エイティシックス―Ep.3 ―ラン・スルー・ザ・バトルフロント―〈下〉 著者:安里  アサト/イラスト:しらび/メカニックデザイン:I-IV

86―エイティシックス―Ep.3 ―ラン・スルー・ザ・バトルフロント―〈下〉

ジャンル
ライトノベル
配信日
2019年08月23日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

86―エイティシックス―Ep.3 ―ラン・スルー・ザ・バトルフロント―〈下〉のあらすじ

敵〈レギオン〉の電磁加速砲(レールガン)による数百キロ彼方からの攻撃は、シンのいたギアーデ連邦軍の前線に壊滅的被害を与え、レーナが残るサンマグノリア共和国の最終防衛線を吹き飛ばした。進退極まったギアーデ連邦軍は、1つの結論を出す。それはシンたち「エイティシックス」の面々を《槍の穂先》(スピアヘッド)として、電磁加速砲搭載型〈レギオン〉の懐に――敵陣のド真ん中に突撃させるという、もはや作戦とは言えぬ作戦だった。だがその渦中にあって、シンは深い苦しみの中にあった。「兄」を倒し、共和国からも解放されたはず。それなのに。待望のEp.3、《ギアーデ連邦編》後編。なぜ戦う。“死神”は。何のために。誰のために。

702円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応 × 非対応

86―エイティシックス―Ep.3 ―ラン・スルー・ザ・バトルフロント―〈下〉のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP