鴨川貴族邸宅の茶飯事3 亡き花嫁に捧ぐ、送り火の誓い 著者:範乃 秋晴

鴨川貴族邸宅の茶飯事3 亡き花嫁に捧ぐ、送り火の誓い

著者
著者:範乃 秋晴
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文芸 小説
配信日
2019年11月29日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鴨川貴族邸宅の茶飯事3 亡き花嫁に捧ぐ、送り火の誓いのあらすじ

貴船の七夕飾りに、祇園の山鉾──夏の京都を彩る風物詩にも負けず劣らずあでやかなのは、かの貴族邸宅における執事たちの恋模様です。 その中でも派手に華々しい恋で有名なのが、太陽の伯爵こと海宮晴のそれとのこと。 ですが、今回ばかりは勝手が違うようです。彼がこれほど手を焼き、逆に振り回されることなど前代未聞。そんなお嬢様がおいでになりました。 新米執事の拳正とお嬢様の衣麻も興味津々のようでして。二人でこっそり様子を見ることもあるとか。 果たして、夏のアバンチュールの結末は?

649円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

鴨川貴族邸宅の茶飯事3 亡き花嫁に捧ぐ、送り火の誓いのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP