灼眼のシャナXV 著者:高橋弥七郎/イラスト:いとうのいぢ

灼眼のシャナXV

ジャンル
ライトノベル
配信日
2021年10月22日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

灼眼のシャナXVのあらすじ

西暦1901年── 二十世紀最初の年。 紺碧の海に囲まれた街・ホノルルに、二人のフレイムヘイズ、“鬼功の繰り手” サーレ・ハビヒツブルグと、“極光の射手” キアラ・トスカナが訪れた。 彼らの目的は、何者かに破壊された 『外界宿(アウトロー)』 の調査。 平穏な街を舞台に、犯人の捜索を開始する二人だったが、この事件の陰には実験に勤しむ “教授” と呼ばれる “紅世の王” の姿が在った……。 “教授” とサーレ・ハビヒツブルグ、因縁の二人によるエピソードが今描かれる!

627円

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応 × 非対応

灼眼のシャナXVのユーザーレビュー

PAGE
TOP