宮廷神官物語 ふたりの慧眼児 榎田ユウリ

宮廷神官物語 ふたりの慧眼児

著者
榎田ユウリ
出版社
KADOKAWA
ジャンル
ライトノベル
配信日
2020年12月25日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宮廷神官物語 ふたりの慧眼児のあらすじ

実りの秋。神官書生の天青は、相変わらずのやんちゃぶり。けれど彼の持つ「奇跡の目(慧眼)」は、町中で噂になっていた。次々現れるニセ慧眼児に、頭を痛めた藍晶王子の提案で、本物の「見極め」が行われることに。しかしその場に、不思議な力を持つ少年が現れた!! 第二の慧眼児登場かと沸き立つ人々とは対照的に、仲間が現れたと喜ぶ天青。けれど「本物はどちらか」を選ぶ試験が行われ!? 韓流出世物語、驚き満載の第4弾!!

484円 4ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応 × 非対応

宮廷神官物語 ふたりの慧眼児のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP